あたたかくなるとダニも動きが活発になります。
ここ最近の相談を見てみると、いつも定番のペットのおねしょに加えてダニでお困りの相談が目立ってきています。

ダニもカビと同様で適度な温度と湿度そして栄養の条件がそろうと活発になります。

目に見えないくらいちいさなダニはそれなりにはいると思うのですが、目に見えるもので時々噛まれているという話をきくと放ってお置けなくなります。

対策としては丸洗いや日干が良いのでしょうけれどベッドはなかなかそうは行きません。
そこで、どうするのかというと高温スチームを使って退治をすることになります。

ダニは50度以上の高温で死滅するというデータがあります。
当社が使っている高温スチームは100度超えの高温スチームを高圧で噴きかけるのでダニにとってはたまったものではありません。

じゃあ完全に死滅するのか?
もちろんそこに居れば死滅するのですが、中にはうまいことスチームの届かない奥に逃げ込み一命を取りとめるダニがいないとも限りません。

どちらかというとスプリングタイプのベッドはどちらかというと布地が薄いのでおくまでスチームが届きやすいのですが、スポンジがあついタイプのものは奥までは届きません。
なのでそういう場合は難しいかもしれません。

最近ではダニ対策用のグッズも色いろあるようなのでそちらもうまく活用していただきたいものです。
例えばダニ対策用のベッドパッドやダニ捕り用のシートなどなどそれほど高額ではなく効果があるものもあります。
ベッド・マットを高温スチームで洗浄後に活用して良い状態を維持していただくのが良いのかと思います。

それと、もう一つ重要なのが、すみごごちの良い環境をなくすことです。
一度ダニ退治をしてもダニにとってすみごごちのよい環境だとまた増えてしまいます。
温度や湿度というのはなかなか変更するのは難しそうですが、栄養を遮断することは注意すればかなり改善でします。
どんあものが栄養になるかというと
①髪の毛
②フケ
③汗
④こぼれた食品
⑤ほこり
などなどたくさんあります。
なのでベッドでは食べ物は食べないこまめに床やベッドも掃除機掛けやコロコロを使ってキレイにするということで栄養分を遮断するように心がけたいものです。