1月2月の寒い季節は風邪が流行るのですがインフルエンザなどになってしまうと大変です。

高熱が出るのもそうですが、子供なら胃腸もやられてしまって、嘔吐をするということがちょこちょこあります。

大人であれば、我慢してトイレまで行ってできることが多いのですが、子供の場合はそうは行かずに待ったなしということもあります。

しかも自分のベッドでなくお父さんのベッドでということも少なくありません。

子供のベッドは安いベッドでお父さんのベッドは寝ごごちの良い高級なベッドだったりします。お母さんの親心で、良いベッドの方がゆっくりできると思って昼間お父さんのいない時に寝てということなのです。

ところが、体調不良でお父さんのベッドに子供が嘔吐してしまった!という電話が意外に多くかかってくるのです。

とりあえず、お母さんができる範囲で汚れを落としてみるのですが、そう簡単にニオイまで取れません。当然ながらおとうさんにバレてしまって、中には怒ってしまうお父さんもいるわけです。

こんな時は、早めにプロにお任せください

特殊な洗剤や機材などを使って、きちんとすすぎ処理をします。きれいな水をタンクから汚れている部分の洗剤で汚れを浮き上がらせたところにきれいな水をたっぷりかけて、お水タンクに汚れた水を吸引するのです。

簡単に言うと洗濯と同じ原理ですよね?

この後にオゾンによる消臭や光触媒のコーティングなどもするので、良い状態に仕上げることができるのです。

<iframe width=”560″ height=”315″ src=”https://www.youtube.com/embed/YgFMLA4n8eQ” frameborder=”0″ allowfullscreen></iframe>